自動車業界ニュース
2020年10月29日(木)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、新型コンパクトSUV「ツーソン」を発売

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、新型コンパクトSUV「ツーソン」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブランド史上初のコンパクトSUV
9月14日、ヒュンダイ自動車は、新型コンパクトSUV(C-SUV)「Hyundai Tucson(ツーソン)」を発売した。

「ツーソン」2021年モデルは、韓国にて販売中である。2022年モデルは2021年前半から導入され、アメリカをはじめ、他のグローバル市場にて販売開始を予定されている。

19619
コンパクトSUVセグメントの新基準
新型「ツーソン」は第4世代モデルとなる。ホイールベースは2タイプ(ロングホイールベース、ショートホイールベース)にて展開され、顧客ニーズに応じてホイールベースの寸法を選択できる。また、最先端のデザイン、広い車室内空間、クラストップのデジタル機能、ダイナミックな乗り心地・ハンドル操作、優れた燃費効率が特徴である。

商品部門長のトーマス・シュミエラ(Thomas Schemera)氏は、コンパクトSUVセグメントにおいて、新型「ツーソン」がイノベーションの新たなベンチマーク(基準・水準)を設け、デザイン・技術・パッケージング・パフォーマンスの印象的な融合をもたらすとコメントする。

最先端のデジタル機能とパワートレイン
新たなエクステリア(外装)スタイリングは、ヒュンダイ自動車が開発したデザイン言語「Sensuous Sportiness(センシュアス・スポーティネス)」が反映され、「Parametric Dynamics」を具現化する。動的でひときわ優れたサーフェスディーテルをもち、セグメントにおいて、明らかに他とは異なる存在感を放つ。

技術とデザインの統合は、革新的なハーフミラータイプのデータイムランニングランプ(DRLs)に最も表れ、パラメトリックグリルとシームレスに同化する。

また、インテリア(内装)には、10.25インチのデュアルフルタッチスクリーン、マルチエア換気システム、デジタルゲージクラスターを含む新たな技術3種類が採用され、ハイテクで新鮮かつ刺激的な機能をもつ。後部座席(2列目)は折り畳み可能となり、乗車数や積載量に応じてレイアウトを最適化できる。

エンジンは、「Smartstream 2.5リッター4気筒直噴ガソリンパワートレイン」(190馬力/トルク182lb.-ft、8速オートマチックトランスミッション)、「1.6リッター直噴エンジン ハイブリッド/プラグインハイブリッドパワートレイン」(ガソリン180馬力/195lb.-ft、ハイブリッド230馬力/258lb.-ft)を搭載する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3131


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • マグナ、2022年にCLEARVIEW技術を市場投入(10月28日)
  • ヒュンダイ自動車、小型電気自動車のティーザー画像・動画を初披露(10月28日)
  • ZF Friedrichshafen、ポーランドのチェンストホヴァに新しい電子機器工場を開設(10月28日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「i20」のティーザーイメージを初公開(10月28日)
  • イートン、車両部品やコンポーネント製造に3D金属プリントを開始(10月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索