自動車業界ニュース
2020年10月27日(火)
 自動車業界ニュース

ヒュンダ自動車、アーバンエアモビリティの開発に参画

新着ニュース30件






























ヒュンダ自動車、アーバンエアモビリティの開発に参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
アーバンエアモビリティの共同開発
9月21日、ヒュンダイ自動車は、アーバンエアモビリティ(UAM)の開発を加速する目的として、仁川国際空港(IIAC)、ヒュンダイ・エンジニアリング・アンド・コンストラクション(現代建設)、韓国の通信事業者KTとパートナーシップ契約を締結すると発表した。

4社は、9月18日に了解覚書(MOU)に調印した。アーバンエアモビリティ開発を加速させ、テストフライトの基準を設定し、2028年までにアーバンエアモビリティの商業化を目指す。

19619
アーバンエアモビリティの実現に向けて
2020年6月、韓国政府は「Korean UAM Roadmap」を公表した。「Korean UAM Roadmap」には、アーバンエアモビリティの商業化に必要なステップの概要を記されている。

4社は、官民共同実証プロジェクト「Korean UAM Grand Challenge」を含むロードマップと協調し、アーバンエアモビリティ向けエアポートとなるバーティポートの建設および運用を共同研究するうえでのバイアスを提供する。

ヒュンダイ自動車は、アーバンエアモビリティ事業を発展させ、ビジネスケースを確保する。一方、仁川国際空港は、インフラ構築、空港シャトルとしてのアーバンエアモビリティ実現可能性を検証する。

また、バーティポートおよびトランジットハブの建設には、現代建設の有する専門性が活用され、KTによってコミュニケーションインフラが構築される。モビリティサービスとして、アーバンエアモビリティのビジネスケースを作る。

(画像はHYUNDAIより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundai.com/
Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • マーレ、ケーヒンの空調事業を買収し世界的フットプリントを強化(10月25日)
  • マグナ、2021年1月1日からSeetarama(Swamy)Kotagiri氏がCEOに(10月24日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、新型「エラントラ」の仕様と価格を発表(10月24日)
  • コンチネンタル、タイヤを提供するエクストリームEに新たなチームの参戦を発表(10月24日)
  • ヒュンダイ・クレードル、「モビリティイノベーター・フォーラム」の主催に(10月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索