自動車業界ニュース
2020年10月27日(火)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、バイク用タイヤの特殊コーティングテクノロジーを紹介

新着ニュース30件






























コンチネンタル、バイク用タイヤの特殊コーティングテクノロジーを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Conti Attackに採用された製造プロセス
コンチネンタルは、タイヤのコーティングにおける、独自のTractionSkinテクノロジーについて9月18日に発表している。ユーザーのライディングパフォーマンスを上げる製造を実現した。

1674
離型剤なしの特殊加工
通常、タイヤ製造のプロセスは、材料を統合して加硫が行われ、離型剤でコーティングされる。

これは金型から外れやすいというメリットがあるが、離型剤の残留物がタイヤの表面に付着し、使用時に危険があるため取り除く必要がある。使用しても、離型剤が摩耗するまでには数キロメートルかかることがあるという。

同社のモーターサイクル用タイヤ「Conti Attack」は、TractionSkinテクノロジーによる特殊コーティングを行っている。離型剤を必要とせず、スムーズに型から外すことができる。

同タイヤのユーザーは、残留物を取り除く必要がなくなり、初めの1キロメートルの走行から、快適な走りとパフォーマンスを実現できる。

新しいタイヤのパフォーマンス
同社のオートバイタイヤ・テクニカルマスターサービスのVolker Plett氏は、ライディングスタイルや道路状況で異なるが、初めの160キロメートル程度は、ゆったりとしたクロスカントリールートで走行するようにアドバイスを行っている。

タイヤの加硫からオートバイの運転条件に適応するまでには、適度な負荷を均一に行うことが必要だという。スピードの出し過ぎや急ブレーキ、極端な傾斜での使用は避けたいと説明している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

コンチネンタルのプレスリリース
https://www.continental-tires.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • マーレ、ケーヒンの空調事業を買収し世界的フットプリントを強化(10月25日)
  • マグナ、2021年1月1日からSeetarama(Swamy)Kotagiri氏がCEOに(10月24日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、新型「エラントラ」の仕様と価格を発表(10月24日)
  • コンチネンタル、タイヤを提供するエクストリームEに新たなチームの参戦を発表(10月24日)
  • ヒュンダイ・クレードル、「モビリティイノベーター・フォーラム」の主催に(10月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索