自動車業界ニュース
2020年10月27日(火)
 自動車業界ニュース

Plastic Omnium、ル・マン 24時間レースの水素貯蔵システムプログラムに参画

新着ニュース30件






























Plastic Omnium、ル・マン 24時間レースの水素貯蔵システムプログラムに参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
水素ガス貯蔵システムの独占的サプライヤーに
Plastic Omniumは9月18日、ル・マン 24時間レースの水素貯蔵システムプログラム「MissionH24」のパートナーとなったことを発表した。

10136
「MissionH24」は、レースプロモーター、「AUTOMOBILE CLUB DE L’OUEST」、「GREENGT」、高電力電気水素推進システムを専門とする「FRANCO-SWISS HIGH TECHNOLOGY GROUP」の共同開発プログラムで、その目的は、2024年以降のル・マン 24時間レースにおいて、水素燃料電池タイプのカテゴリーを確立することである。

Plastic Omniumは、この新しいカテゴリーで競争する全チームに向けた水素ガス貯蔵システムに関して、独占的サプライヤーとなる。同社は、2024年までにMissionH24によって開発されたすべてのレースプロトタイプ車両に水素貯蔵システムを提供する。

プロトタイプ車両は、競技用車両で使用する前に技術をテストする車両であり、システムは、クローズドトライアルとレースの両方でテストされ、ゼロエミッション水素技術の可能性を実証する。

非常に厳しい運転条件に対応
GREENGTによって設計されたMissionH24の「LMPH2Gプロトタイプ」は、ル・マン 24時間レースに準拠するサーキットのラップ走を完了した。

Plastic Omniumが開発した高圧水素貯蔵システムは、スピード、燃料補給の頻度、温度の点で、非常に厳しい運転条件に対応する。

このシステムは自動車規格に認定され、Plastic Omniumがプラスチックライナー付きのカーボンファイバーシェルである「タイプ4タンク」に関する専門知識を発揮し、この技術の先駆者である自動車メーカーとの連携を強化することができる。

Plastic Omnium、クリーンエネルギーシステムズの社長兼CEOであるChristian Kopp氏は、次のように述べた。
「このプロジェクトで、我々は、極端な運転条件に対応できるシステムを開発する。モータースポーツと大規模な自動車産業は両方とも、パフォーマンス、安全性、イノベーションを必要としている。MissionH24は技術的な実証だけでなく、自動車メーカーと緊密に連携して水素貯蔵イノベーションを加速させる、素晴らしい研修室である。」(プレスリリースより引用)

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Plastic Omnium Press Releases
https://www.plasticomnium.com/


Amazon.co.jp : 10136 に関連する商品
  • マーレ、ケーヒンの空調事業を買収し世界的フットプリントを強化(10月25日)
  • マグナ、2021年1月1日からSeetarama(Swamy)Kotagiri氏がCEOに(10月24日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、新型「エラントラ」の仕様と価格を発表(10月24日)
  • コンチネンタル、タイヤを提供するエクストリームEに新たなチームの参戦を発表(10月24日)
  • ヒュンダイ・クレードル、「モビリティイノベーター・フォーラム」の主催に(10月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索