自動車業界ニュース
2020年10月28日(水)
 自動車業界ニュース

ベントラー、北京国際自動車展2020で電気自動車用のローリングシャーシを紹介

新着ニュース30件






























ベントラー、北京国際自動車展2020で電気自動車用のローリングシャーシを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
モジュラー式でスケーラブルなプラットフォーム
ベントラーは、北京国際自動車展2020で、ボッシュと共同開発した電気自動車用のローリングシャーシを展示し、モジュラー式でスケーラブルなプラットフォームソリューションの利点について紹介した。

10961
このプラットフォームソリューションにより、以前よりもはるかに効率的かつ迅速に新しいモデルを市場に投入できる。さらに、自動車メーカーは、自動車業界のグローバルパートナーとしてのベントラーの数十年にわたる経験から恩恵を受ける。

中国は、電気自動車およびプラグインハイブリッド車両の世界最大の市場である。新型コロナウィルスの影響による生産停止後、業界は、8月に5か月連続でeモビリティ分野の強力な成長を記録した。乗用車と別駆動装置付きの商用車の販売高は、前月に比べて25.8%増加した。

ベントラーが開発したローリングシャーシシステムには、統合された衝突事故管理、柔軟でスケーラブルなバッテリー貯蔵システム、電動アクスルのためのシャーシソリューションなどがある。

高いエンジニアリング能力、革新的材料やプロセス技術
北京国際自動車展での展示と並行して、ベントラーは、持続可能なモビリティコンセプトの開発を推進するための、広範な世界の情報イニシアチブを立ち上げている。

そして、10月29日には、eモビリティ事業部門の副社長であるMarco Kollmeier氏がウェブ会議を開催して、技術を紹介する。

また、同社は、ウェブサイトとニュースレターを通じて、eモビリティ分野の自動車メーカー向けの課題とソリューションに関する技術的な記事も公開している。

そこで紹介されている製品やサービス、アプリケーションには、ベントラーの最高クラスのエンジニアリング能力、革新的な材料およびプロセス技術、さらに、金属成形および処理に関する包括的な専門知識などが含まれる。

Marco Kollmeier氏は、ベントラーの優れたソリューションが、世界最大のeモビリティ市場である中国と、自動車業界の本拠地であるドイツにおいて、幅広い観客に紹介できることを喜び、次のように説明した。
「ベントラーは、広範なノウハウ、戦略パートナーの国際ネットワーク、自動車業界のパートナーとしての数十年にわたる経験を提供している。このようにして、我々は、確立されたメーカーであっても、業界外の新興企業であっても、顧客をサポートする。そして、プロジェクトをサポートすることによって、より迅速でコスト効率の高い方法で実現させる。」(プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Benteler Press Releases
https://www.benteler.com/


Amazon.co.jp : 10961 に関連する商品
  • ZF Friedrichshafen、ポーランドのチェンストホヴァに新しい電子機器工場を開設(10月28日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「i20」のティーザーイメージを初公開(10月28日)
  • イートン、車両部品やコンポーネント製造に3D金属プリントを開始(10月27日)
  • ヒュンダイ自動車インド、テクニカルスキルを養成するアカデミーを開校へ(10月27日)
  • 起亜自動車、起亜デザイン・イノベーショングループに新たな副社長を任命(10月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索