自動車業界ニュース
2020年11月29日(日)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、VNI部門にてコンピテンシーセンターを発足

新着ニュース30件






























コンチネンタル、VNI部門にてコンピテンシーセンターを発足

このエントリーをはてなブックマークに追加
「VNI Key Projects」とコンピテンシーセンターの発足
10月21日、コンチネンタルは、世界的なデジタル化・コネクテッドモビリティ化に対処する目的として、車載ネットワーキング&インフォメーション(VNI)部門において「VNI Key Projects」を2020年7月1日に発足し、同年10月1日よりコンピテンシーセンターの操業を開始したと発表した。

コンピテンシーセンターにより、複雑化を増す大規模プロジェクトに対処でき、顧客要求・ニーズをより満たせるという。

1674
世界的なデジタル化およびコネクテッドモビリティに対応
近年、世界的にデジタル化およびコネクテッドモビリティが進行している。コンチネンタルは、大規模プロジェクトの複雑化に対処するうえで、アジャイル手法・文化へ体系的な転換の方針を定め、「VNI Key Projects」を2020年7月1日に発足させ、同年10月1日からコンピテンシーセンターにてプロジェクト管理を行っている。

「VNI Key Projects」は、多様な自動車メーカーから主要な5プロジェクトを引き継ぐ。プロジェクトマネージャーは、5プロジェクトのプロジェクトマネージャー、シニアエクスパートにて構成され、プロジェクト組織・体系が徐々に統合されている。

「VNI Key Projects」を通じて、専門性は融合し、包括的な知識移転とプロジェクト管理の効率性が向上する。ベストプラクティスに関する知識を習得し、普遍的な活用が確実となり、最終的には、シームレスで効果的かつ包括的に統合した機能を簡素化して提供できる。

コンチネンタル取締役会メンバー兼車載ネットワーキング&インフォメーション(VNI)部門長のヘルムート・マッチ(Helmut Matschi)氏は、車両のコネクティビティ、車載電子機器への高性能コンピュータ導入が加速し、プロジェクト規模は益々、拡大し、よりソフトウェアセントリック(ソフトウェア中心)となり、複雑化・グローバル化は進むと説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ベントラー、ドイツのバッテリートレイ製造施設を拡大(11月1日)
  • Rheinmetall Automotive、電気蒸気ポンプの受注額で新記録を達成(10月31日)
  • デンソー、フロスト&サリバンの2020カンパニーオブザイヤーを受賞(10月31日)
  • 起亜自動車アメリカ、「ニロ EV 2020」をMITに寄贈(10月31日)
  • ボルグワーナー、ヒュンダイ自動車に対するスターターモーター供給拡大(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索