自動車業界ニュース
2020年11月29日(日)
 自動車業界ニュース

アルプスアルパイン、車載機器の操作フィードバックバイスの強振動モデルを発表

新着ニュース30件






























アルプスアルパイン、車載機器の操作フィードバックバイスの強振動モデルを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
小型・低電圧ながら優れた反応速度と加振力
アルプスアルパイン株式会社(以下、アルプスアルパイン)は、タッチフィードバック技術を応用したハプティック リアクタの強振動モデル「Heavy type」を開発したことを発表した。

71
10月より車載市場向けを中心にサンプル出荷を開始、2021年1月より量産を開始し、特に中国市場におけるコネクテッドビークル社会実現に貢献する。

ハプティック リアクタは、カーナビなどのパネル背面へ取り付けて使用されるが、従来の振動デバイスではディスプレイなど、600g~1kg程度の重量物全体を振動させるには、デバイスサイズの大型化や強い振動を発出させるために昇圧回路が必要など多くの課題があった。

これに対し、今回新たに開発したハプティック リアクタ「Heavy type」は、同社の従来品の内部構造を見直すとともに1共振タイプとしたことで、ハプティック リアクタの特長である指先が振動を感じやすい水平共振かつ優れた反応速度を維持しつつ、小型・低電圧でありながら130Hzという低周波帯で15Gという加振力を実現、リセット設計の自由度を向上させている。

また、取り付けタブとハーネス・コネクタタイプを採用し、ディスプレイなどの背面だけでなく、ステアリングやシート部、ドアトリムなどあらゆる車室内への搭載が容易となった。

主な機能としては、各種車載操作機器の操作フィードバック、運転時の各種警告発信、ATMや発券機など大型ディスプレイの操作フィードバックなどである。

複雑化するタッチ操作に振動でフィードバック
昨今、オートモーティブ市場においては、従来のスイッチやダイヤルによる操作の集約・複合化が加速するとともに、タッチ方式による入力操作が増加している。

さらに、空調機能を集約したHVACモジュールや車載インフォテインメントシステム(IVI)などの機能もタッチ操作で行うことも多く、操作が複雑化している。

しかし、タッチ操作は確実に入力されたことが分かりにくく、運転に集中できないため操作中の事故が報告されるなどの課題があった。

こうした状況で、タッチ操作のフィードバック機能に関して、音や光に加え、より直感的かつ視線移動を伴わないフォードバックとして、タッチパネルの振動やステアリングやシートの振動が注目されている。

この様な市場ニーズに応えるべく、アルプスアルパインでは、ゲームやVR機器で多くの実績を重ねてきたハプティック リアクタの「Heavy type」を新たに開発したものである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アルプスアルパイン株式会社 プレスリリース
https://www.alpsalpine.com/j/news_release/2020/1020_02.html


Amazon.co.jp : 71 に関連する商品
  • ベントラー、ドイツのバッテリートレイ製造施設を拡大(11月1日)
  • Rheinmetall Automotive、電気蒸気ポンプの受注額で新記録を達成(10月31日)
  • デンソー、フロスト&サリバンの2020カンパニーオブザイヤーを受賞(10月31日)
  • 起亜自動車アメリカ、「ニロ EV 2020」をMITに寄贈(10月31日)
  • ボルグワーナー、ヒュンダイ自動車に対するスターターモーター供給拡大(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索