自動車業界ニュース
2020年04月06日(月)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、コックピットの3Dディスプレイを発表・2022年に量産計画

新着ニュース30件






























コンチネンタル、コックピットの3Dディスプレイを発表・2022年に量産計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
コックピットの未来がすぐそこに
コンチネンタルは、コックピットに搭載できる3Dディスプレイの生産を開始すると3月16日に発表。メガネを必要としないほか、ディスプレイに注意しすぎないよう、高性能インテリアカメラが安全のための警告を行う仕組みだ。

1674
ドライバーアシスタントシステム
同ディスプレイは、人の視覚における左右の見え方の違いを利用した「視差バリア方式」によるもので、3D専用のメガネなしでスケール、ポインター、およびオブジェクトを立体で表示するというもの。2022年の生産を目指し開発を進めている。

安全確認のために、ドライバーの視線に合わせ邪魔にならない警告ディスプレイを表示。またドライバーアシスタントシステムが搭載されている。

高性能のインテリアカメラがドライバーの注意散漫や疲労を検知し、警告を行うほか、通信サービス、インフォテインメントアプリケーションによる様々な情報提供でドライバーの運転中の負担をサポートする仕組みになっている。

拡張できるディスプレイへ
将来的には、ドライバーのジェスチャーコントロール、ナビゲーションシステムなど複数のコンテンツをディスプレイにカスタマイズする、ビデオ会議やゲーム・映画を楽しむなどデジタルサービスを拡張できるディスプレイを開発中だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

コンチネンタルのプレスリリース
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ボッシュ、低速無人車両の試験を遂行中(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、3月及び第1四半期の合計販売台数を発表(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車、シンガポールにイノベーションセンターを設立(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、3月の合計販売台数を発表(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「Best New Cars for 2020」を受賞(4月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索