自動車業界ニュース
2020年04月06日(月)
 自動車業界ニュース

HELLA、キャリブレーションと診断を行うセンター「CheckPoint」を開設

新着ニュース30件






























HELLA、キャリブレーションと診断を行うセンター「CheckPoint」を開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
増加する困難なタスクに対応
HELLAは、修理工場の増加する課題に対応するために子会社のHella Gutmannが提供する新しいハイテクコンセプトセンター「CheckPoint」について、ホームページで説明している。

12775
「CheckPoint」は、Hella Gutmannによるキャリブレーションおよび診断センターであり、新しい課題に対応するブランドの修理工場を備えるために、ハードウェア、ソフトウェア、ハイレベルのノウハウを組み合わせたもの。

キャリブレーションおよび診断における困難なタスクは、リモートサービスやCSC-ToolデジタルなどHella Gutmannの革新的な新しい技術により解決される。

同社は、将来に向けた修理工場を伴う広範なネットワークを構築するために、貿易パートナーや効率的な修理工場と協力して、いくつかのCheckPointsを設立することを目指しており、修理工場自体の運営がCheckPointから恩恵を受けるだけでなく、近隣地の他のマルチブランドの修理工場からも恩恵を受ける。

様々な専門知識を組み合わせたサービス
CheckPointのサービスには、マルチブランドの診断、カメラのキャリブレーション、LIDARおよびレーダーベースのドライバー支援システム、コンポーネントのアクティブ化、適応性照明システムのキャリブレーションなどがある。

Hella Gutmannは、最新の車両モデルでセンサーを較正できるようにするために、デジタル参照パネルを備えたCSC-Toolを開発した。これは、メガマックスソフトウェアにまだ含まれていない最新車両モデルにおけるリモートアクセスを介して、専門家によるキャリブレーションを実行できるもの。

このイノベーションは、車両ガラス修理サービスだけでなく、車体と塗装のための工場に、真の付加価値を提供する。

照明や温度、ITなど高度な要件
CheckPointに必要な基準は高度であり、CheckPointの資格を得るには、施設がある程度の大きさであること、平らな床、特殊な照明条件と温度条件を満たし、特殊なIT要件を満たしている必要がある。

そして、安定したデータ接続を保証するために、専門のIT会社が、全体的なコンセプトと個々のCheckPointに向けてIT構造のセットアップを行っている。特別な要件を満たし、業界の基準に対応するように調整されたネットワークは、すでに作られている。

もちろん、現在のHella GutmannのデバイスもCheckPoint基準の一部である。さらに、パフォーマンスにおける高い要求は、高度に訓練された専門スタッフのみが対応することができる。ノウハウの伝達のために、包括的な研修コースも用意されている。

ドイツ全土にいる12のパートナーとのパイロットフェーズが成功した後、既存のフランチャイズコンセプト内で初めてのCheckPointフランチャイズモジュールの運用が開始される。

Hella Gutmannが直接運営するニュルンベルクのCheckPointは、このコンセプトの高い基準と実際的な利点を示している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HELLA Press Releases
https://www.hella.com/


Amazon.co.jp : 12775 に関連する商品
  • ボッシュ、低速無人車両の試験を遂行中(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、3月及び第1四半期の合計販売台数を発表(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車、シンガポールにイノベーションセンターを設立(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、3月の合計販売台数を発表(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「Best New Cars for 2020」を受賞(4月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索