自動車業界ニュース
2020年05月31日(日)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナー、インテリジェントカムトルクを中国メーカーに提供

新着ニュース30件






























ボルグワーナー、インテリジェントカムトルクを中国メーカーに提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルグワーナーの可変バルブ
ボルグワーナーはハイブリッドアプリケーションの両方に適した可変カムタイミングモデルをGAC Motorに導入したと5月20日に発表した。

5262
中国の自動車メーカーと提携
同社は、インテリジェントカムトルク作動(iCTA)に、中国の自動車メーカー・GAC Motorの燃料自動車、およびハイブリッド車のモデルに導入した。

効率的で調整可能な吸気・排気技術を持つ可変バルブタイミングは、CO2排出基準が厳しくなるにつれニーズが高まっている。

同社のiCTAは、低振動で作動率の高い可変バルブタイミングを変化させるデバイス・カムトルク作動(CTA)と、ねじりアシスト(TA)フェイザーテクノロジーの特性を融合したもの。

今回、GAC Moterの新しいコンパクトカーSUV GS3に導入されることになった。

効率性と排気技術が向上
iCTAは、カムシャフトが回転すると、カムトルクによって振動、それを受け取ったiCTAは、そのエネルギーを増大させる仕組みになっている。

それにより車両性能を維持しながら、CO2排出削減、燃料効率を向上させることが可能になる。

また、オプションで安全機能であるフェイルセーフをサポートする、パッシブ中間位置ロック(MPL)テクノロジーを提供。あらゆる動作条件下で、信頼性の高いエンジン始動を実現する。

この製品は、現在中国での工場で生産を開始している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ボルグワーナーのプレスリリース
https://www.borgwarner.com/


Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • テネコ、「GOETZE」工業用スパークプラグ4種を発売(5月31日)
  • ヒュンダイ自動車インド、サイクロンの影響を受けた地域で顧客支援を実施(5月31日)
  • ヴァレオ、フランス政府の自動車業界復興計画で48V電気モーターを増産へ(5月30日)
  • ヒュンダイ、ソニー・ピクチャーと戦略的パートナーシップ(5月30日)
  • Gestamp、欧州投資銀行から2億ユーロを融資(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索