自動車業界ニュース
2019年09月20日(金)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ、バッテリー不要の装着型ロボットスーツを開発

新着ニュース30件






























ヒュンダイ、バッテリー不要の装着型ロボットスーツを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
製造ラインの作業効率化に
ヒュンダイは9月4日、車両製造ラインで下部の長時間作業を支援する、新しい装着型のロボットスーツ「EXoskeleton(VEX)」を開発したと発表した。

19619
軽量で適応性の高いベストスーツ
車体の製造プロセスの中で、車両の下部のボルト、ブレーキチューブ、排気管の取り付けなど、頭上のものを作業する労働者のサポートを行うスーツを、同社が新開発した。

人間の関節の動きを模倣したマルチリンク・リフトアシスタント・モジュールで適応性が高く、バッテリーは不要。そのため一般の競合製品より22%、最大で42%の軽量化を実現している。

着用もシンプルで、背部の長さは体のサイズに合わせて最大18センチまで、力の補助は5.5キログラムフォースの6段階まで調整が可能だ。

軽量化でコストダウンも
今回の軽量化と作業の適応性によって、作業負担を大幅に軽減。米国の2つの工場で実際に使用したところ、作業効率と生産性が向上したことから、これらの工場では継続して生産ラインにシステムを採用している。

現在、他の施設への実装を検討しており、12月の生産開始を予定。既存の製品はおよそ5000ドルだが、新製品はコストが30%削減されると予測されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイのプレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車「KONA」、AutoPacific社「IVA 2019」を獲得(9月20日)
  • ブリヂストン・アメリカスOEタイヤ部門社長、「自動車業界サミット 2019」に参加(9月20日)
  • HELLA、第一汽車グループとの業務提携を強化(9月19日)
  • コンチネンタル、タイヤ産業向けのアプリケーション開発で合同会社を設立(9月19日)
  • 起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索