自動車業界ニュース
2019年12月06日(金)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、先進する農業技術「ファーミング4.0」について紹介

新着ニュース30件






























コンチネンタル、先進する農業技術「ファーミング4.0」について紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからの農業技術はどう進むのか
コンチネンタルは、今後の農業機械・技術の発展について、有識者に行ったインタビュー記事を11月29日に掲載。農業業界の「ファーミング4.0」は確実に進んでいるという。

1674
持続可能が求められる農業業界
オスナブリュック応用科学大学でロボット工学を専門にし、農業向けセンサー技術や自動運転システムなどの開発を行っているArno Ruckelshausen教授によると、室内の工業機械と屋外の農業機械は、発展のプロセスで全く異なるフィールドにあるものだと語る。

持続可能が重視される農業業界は、労働条件や生産性、コストなどの様々な条件をクリアするテクノロジーと、要望を満たすユーザーフレンドリーなシステムの開発が先行するという。

現在は均一でない土壌での移動、気候、汚れなどから堅牢性と安全性を確保するためのメンテナンス予測、土地の規模に応じた作業プロセスの自動化と監視、作物の品質維持管理などが研究・開発されている。

フィールドロボットを開発中
教授は、ボッシュとアマゾンの協力で、トラクターを使わずに田畑を移動するフィールドロボット「BoniRob」を開発。自律的な小型キャリアプラットフォームで、様々なアプリケーションを必要に応じて搭載できる仕組みになっている。

一方コンチネンタルは、農業用タイヤの開発を行っており、空気圧の異常を感知するセンサーを開発中だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

コンチネンタルのプレスリリース
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ベントラー、流通部門の売却が完了(12月5日)
  • コンチネンタルのインテリジェントカメラシステム、CES 2020で評価(12月5日)
  • ファイアストン工業製品社、新たな軽量エアスプリングを「CCVS」に出展(12月5日)
  • 起亜自動車「テルライド」、「NACTOY 2020」のファイナリストに選出(12月5日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、2019年11月の合計販売台数を発表(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索