自動車業界ニュース
2019年12月06日(金)
 自動車業界ニュース

ベントラー、電気自動車量産プラットフォームをドイツで展示

新着ニュース30件






























ベントラー、電気自動車量産プラットフォームをドイツで展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年CESでも展示予定
ベントラーは、11月28日、ドイツのパーダーボルンにおいて、電気自動車の量産対応プラットフォームソリューションであるElectric Drive Systemを紹介した。

10961
そして、2019年9月に、シュトゥットガルト近くのテストサイトで最初のテストドライブを無事に完了し、実際の条件下で機能とパフォーマンスを証明した。また、同じく9月には、フランクフルト国際モーターショー(IAA)で展示を行った。

現在展示されているパーダーボルンの公開が終了した後、2020年1月7日からにラスベガスで開催されるCESで展示される予定。

BENTELER Electric Drive System 2.0は、同社のエンジニアリングと金属加工能力全体の実力を示すものである。これには、エアバッグとアクスル用のチューブ、シャーシ・ホワイトボディ・エンジンと排気用途向けのコンポーネントとモジュールから、モジュール式の電気自動車システムソリューションまでが含まれる。

電気自動車を製造し迅速に市場へ投入
ベントラーは、今年9月、自動車メーカー2社と提携する契約を締結した。

ドイツのAutomobili Pininfarina社との戦略的コラボレーションでは、電気自動車用プラットフォームの開発を行い、これに基づいて開発された最初のモデルである電動SUVは2011年に発売される予定である。

また、中国のスタートアップ企業であるEvergrande社とも、BENTELER Electric Drive Systemの実装に関する契約を締結した。

不動産開発会社であるEvergrande社は電気自動車市場に参入し、このプラットフォームに基づいて、計画中の電気自動車向けにローリングシャーシアーキテクチャを開発する。

ベントラー・オートモーティブ、エレクトロモビリティ部門担当の副社長であるMarco Kollmeier氏は、次のように説明した。
「自動車メーカーは、事前検証済みのシステムソリューションを求めている。これらのソリューションは、電気自動車を製造し迅速に市場へ投入するために、シンプルで信頼できる方法を提供する。我が社のBENTELER Electric Drive System 2.0により、これを提供することが可能である。」(プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Benteler Press Releases
https://www.benteler.com/


Amazon.co.jp : 10961 に関連する商品
  • ベントラー、流通部門の売却が完了(12月5日)
  • コンチネンタルのインテリジェントカメラシステム、CES 2020で評価(12月5日)
  • ファイアストン工業製品社、新たな軽量エアスプリングを「CCVS」に出展(12月5日)
  • 起亜自動車「テルライド」、「NACTOY 2020」のファイナリストに選出(12月5日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、2019年11月の合計販売台数を発表(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索