自動車業界ニュース
2020年01月23日(木)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、タイヤ空気圧監視システム未搭載の車両の定期チェックを推奨

新着ニュース30件






























コンチネンタル、タイヤ空気圧監視システム未搭載の車両の定期チェックを推奨

このエントリーをはてなブックマークに追加
システム搭載を義務付けられる前の車両
コンチネンタルは、現在でもタイヤ空気圧監視システムが装備されていない車両が多いことから、タイヤの空気圧を定期的にチェックすることを推奨している。

1674
タイヤ空気圧監視システムは2014年より以前は義務付けられていなかった。ドイツにおける自動車の平均使用年数は9年なので、法律の変更前の車両が存在している。タイヤの膨張ガスでさえ、タイヤにクギが刺さるなど、異物によるゆっくりと起こるパンクに対する保護にはならない。

給油時、または2週間ごとという推奨されるチェックを実行できなかった場合、危険にさらされ、より高い費用がかかる運転をすることとなる。知らないうちにタイヤ空気圧が減少することは、特に平均的な速度で運転している場合に、タイヤの故障を引き起こす可能性がある。

リムとバルブを通る空気圧の緩やかな通常の減少でさえ、タイヤの摩耗と転がり抵抗の増加につながり、燃料消費も上昇する。

また、制動距離が長くなるとともに、ステアリングの精度も低下して、高速で障害物を安全に回避することが難しくなり、さらにタイヤの耐用年数も短くなる。正しい空気圧よりも0.4バール低い圧力でタイヤを走行すると、航続距離が約3分の1短縮される。

荷物の積載状況により適する空気圧も異なる
正しいタイヤ空気圧は、運転席のドアのピラーや燃料フィラーキャップの内側、グローブボックスにあるステッカーに表示されている。

そして、車の積載方法に応じて異なる値が適用されることも覚えておき、満量の荷物を積載した車を運転する前に、タイヤの空気圧を適宜調整することが必要である。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental Press Releases
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ティッセンクルップ、4年連続でCDP気候変動Aリスト企業に認定(1月23日)
  • ヒュンダイ自動車「ヴェロスター N」、「最も運転が楽しい自動車オブ・ザ・イヤー」に(1月23日)
  • コンチネンタル、次世代モビリティの技術をサポートするWebポータルを開設(1月23日)
  • Apollo Tyres、サッカーのマンチェスターユナイテッドと提携プログラムを開始(1月23日)
  • シェフラー、アフターマーケット向けに48Vハイブリッド修理ソリューション提供(1月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索