自動車業界ニュース
2020年01月23日(木)
 自動車業界ニュース

ZF、自動運転レベル2+半自動システムのコスト効率化に成功

新着ニュース30件






























ZF、自動運転レベル2+半自動システムのコスト効率化に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
未来のクルマの第1歩
ZFは自動運転レベル2+半自動システムを装備したソリューションに注力しており、今年から市場に参入すると1月6日に発表。すでにアジアのメーカーと生産契約を締結しており、業界で最も手頃な価格で販売するという。

11581
コストパフォーマンスの高いシステム
同社の「coASSIST」は、インテルのMobileye・EyeQ(TM) テクノロジーを利用した、自動運転レベル2+ ADAS(運転支援システム)機能だ。

価格は1000ドル以下と、業界では最安値を実現。ヨーロッパ新車アセスメントプログラムであるユーロ NCAP(エヌキャップ)のテスト条件を満たしており、快適性と安全性においてもコストパフォーマンスの高い製品だ。

またサポート機能である「coDRIVE」は、360度サラウンドカメラによる車両周辺の道路・交通状況などの認識、車線変更、追い越しなどを安全に行う。

アジアメーカーと契約、生産化へ
そして「coPILOT」機能は、ビジュアルコンピューティング技術を展開するNVIDIA社との共同開発で、高度な画像処理と計算能力でレベル2~4までをカバーできる。

レッグ・ハンズフリー操作、ZFのProAIコントローラーが搭載され、Mobileye・EyeQ(TM) テクノロジーの学習機能により追い越しや駐車などを自動で行うようになる。

同社はアジアのメーカーとの契約により量産体制に入る。これらのフルレンジユニットは、今後3年以内に利用可能になる予定だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ZFのプレスリリース
https://press.zf.com/press/en/releases/release_14023.html


Amazon.co.jp : 11581 に関連する商品
  • ティッセンクルップ、4年連続でCDP気候変動Aリスト企業に認定(1月23日)
  • ヒュンダイ自動車「ヴェロスター N」、「最も運転が楽しい自動車オブ・ザ・イヤー」に(1月23日)
  • コンチネンタル、次世代モビリティの技術をサポートするWebポータルを開設(1月23日)
  • Apollo Tyres、サッカーのマンチェスターユナイテッドと提携プログラムを開始(1月23日)
  • シェフラー、アフターマーケット向けに48Vハイブリッド修理ソリューション提供(1月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索