自動車業界ニュース
2020年02月26日(水)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナーのEGR技術、厳しくなるインドの排出基準に対応

新着ニュース30件






























ボルグワーナーのEGR技術、厳しくなるインドの排出基準に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
インド乗用車メーカーにEGRクーラーとEGRチューブを供給
ボルグワーナーは、インドにおけるより厳しいBS IV排出規制値と企業別平均燃費(CAFE)規制値に備えて、燃費向上と排出削減を実証する技術により、地域の顧客をサポートする。

5262
ボルグワーナーは、2008年以来、市場をリードするインドの乗用車メーカーに、1.3リッターディーゼルエンジン用のEGRクーラーとEGRチューブを供給しており、BS IV排出規制値の達成に貢献している。

そして、現在では、BS VI排出基準を満たすように設計された新しい1.5リッターガソリンエンジン用に新しく開発されたコンポーネントを供給している。

新しいクーラーは、ハイブリッドチューブ技術を使用して製造され、高いパフォーマンス要件によって、ガソリンエンジンに最適となっており、2021年に生産が開始される予定である。

また、メーカーのヨーロッパ工場へもコンポーネントを供給し、そこでの製造は2020年に開始されることとなる。

高い耐久性と性能で燃費も改善
ボルグワーナー、エミッション・サーマル&ターボシステムズの社長兼ゼネラルマネージャーであるJoe Fadool氏は、次のように述べた。

「ボルグワーナーにとって、製品のリーダーシップとは市場のトレンドを先取りし、地域のOEMに需要にあったグローバルで実証されたソリューションを提供することを意味する。我が社のガソリンEGRシステムは、改善された燃料経済と排出基準を追求することで、ローカライズされたソリューションでインドの顧客をサポートしている。」

ボルグワーナーのEGRクーラーシステム技術は、クーラー内部で耐腐食性の高いステンレス鋼ハイブリッドチューブを採用し、高温の排気ガスのインドを摂氏875度から150度へ迅速に下げる。

特殊な形状の高密度ガソリンフィン設計は、排気ガスの圧力損失が非常に低く、高い熱伝導率が維持される。

ボルグワーナーの先進のEGRクーラーは、耐久性と性能を重視して作られており、排出量を削減し燃費を改善するように設計された、コンパクトでコスト効率が高くインストールが簡単な技術である。

EGRチューブとEGRクーラーは、現在は130g/kmで、2022年までに113g/kmに下げられるインドのCAFE CO2排出基準を満たすのに役立つ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Borg Warner Press Releases
https://www.borgwarner.com/


Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • デーナ、クラス4および5商用車両向けSpicer「eS9000r」eアクスルの生産を開始(2月26日)
  • ボッシュ、Human Horizons社とクラウド技術のバッテリーに関する協力を開始(2月26日)
  • エバスペヒャー、アグリショーブラジルで熱管理ソリューションを展示(2月26日)
  • ヒュンダイ自動車、「ソナタ」が「50,000ドル以下の10ベストカー・インテリア2020」を獲得(2月26日)
  • メリトール、北米でスムーズな製品流通オンデマンドシステムを発表(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索