自動車業界ニュース
2020年02月26日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、「2020 MotorWeek Drivers’ Choice Awards」を獲得

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、「2020 MotorWeek Drivers’ Choice Awards」を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
2部門での受賞
2月6日、ヒュンダイ自動車は、Best Large Utility部門において「Hyundai Palisade(パリセード)」、Best Family Sedan部門にて「Hyundai Sonata(ソナタ)」が「2020 MotorWeek Drivers’ Choice Awards」を獲得したと発表した。

「MotorWeek Drivers’ Choice Awards」は、米国の自動車レビュー番組「MotorWeek」が、毎年、消費者視点から選出する。消費者が車を購入するうえで実用的なガイドとなる。選出過程において、トレンド、イノベーション、価格、実用性・信頼性が大きなポイントとなる。

なお、受賞式典は、2月6日、「2020 Chicago Auto Show(シカゴオートショー)」(アメリカ・シカゴ、2月6日開幕、2月8~17日開催)にて行われた。

19619
顧客視点での設計・製造
「2020ソナタ」は、ヒュンダイ自動車の新しく、革新的な自動車プラットフォームを初めて採用したモデルであり、「Digital Key」など先進技術のアプリケーションにより快適性・利便性・アクティブセーフティが向上した。

ミッドサイズセダンは、「Sensuous Sportiness(センシュアス・スポーティネス)」にそってスポーティな外観が特徴であり、プロポーション・スタイリング・テクノロジーを使用して感情的な価値を創造している。

一方、「パリセード」はプレミアム3列シートのミッドサイズクロスオーバーSUVであり、荷台部分とレイアウトの柔軟性から2列目と3列目に広々とした空間が生まれ、快適性・安全性は向上した。

ヒュンダイ自動車アメリカ 商品企画ディレクターのスコット・マーガソン(Scott Margason)氏は、2部門での「MotorWeek Drivers’ Choice Awards」受賞に歓喜する。

「パリセード」「ソナタ」はアクティブセーフティ技術「Hyundai SmartSense」から利便性のある機能・性能に至るまで顧客視点で設計・製造され、ヒュンダイ自動車の価値および信頼性の提供における卓越性を提示していると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/2974


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • デーナ、クラス4および5商用車両向けSpicer「eS9000r」eアクスルの生産を開始(2月26日)
  • ボッシュ、Human Horizons社とクラウド技術のバッテリーに関する協力を開始(2月26日)
  • エバスペヒャー、アグリショーブラジルで熱管理ソリューションを展示(2月26日)
  • ヒュンダイ自動車、「ソナタ」が「50,000ドル以下の10ベストカー・インテリア2020」を獲得(2月26日)
  • メリトール、北米でスムーズな製品流通オンデマンドシステムを発表(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索