自動車業界ニュース
2020年02月26日(水)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、米テキサス州に先進運転支援システム生産工場を建設

新着ニュース30件






























コンチネンタル、米テキサス州に先進運転支援システム生産工場を建設

このエントリーをはてなブックマークに追加
レーダーセンサーの生産能力拡大
2月6月、コンチネンタルは、米テキサス州ニューブラウンフェルズに先進運転支援システム(ADAS)生産工場を建設し、レーダーセンサーの生産能力拡大を目指すと発表した。起工式は2020年半ば、レーダーセンサー生産の開始は2021年を予定している。

新工場の敷地面積は20,000平方メートルとなり、現在、先進運転支援システムの開発・生産を手掛ける従業員450人に加え、現地130人の新規雇用が創出される。また、工場建設には、今後3年以上に亘って約1億ユーロが投資される。

1674
市場ポジショニング拡大に向けて
センサー、ソフトウェア、インテリジェント・コネクティビティは、先進運転支援システムのバイアスを形成する。コンチネンタルは20年以上に亘り、先進運転支援システムを手掛けている。過去5年間だけで、先進運転支援システムの売上は億(ユーロ)に達した。

執行役員兼シャシー&セーフティ部門責任者のフランク・ジョルダン(Frank Jourdan)氏は、先進運転支援システム分野において、コンチネンタルは世界市場リーダーであり、着装率は着実に増加していると説明する。

同氏は、ニューブラウンフェルズの生産工場建設による生産能力拡大は、成長戦略の一貫であり、2015年から2019年に掛けて先進運転支援システムの売上は2倍以上に増加し、将来的により一層、市場ポジショニングを拡大する良い機会だと考える。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • デーナ、クラス4および5商用車両向けSpicer「eS9000r」eアクスルの生産を開始(2月26日)
  • ボッシュ、Human Horizons社とクラウド技術のバッテリーに関する協力を開始(2月26日)
  • エバスペヒャー、アグリショーブラジルで熱管理ソリューションを展示(2月26日)
  • ヒュンダイ自動車、「ソナタ」が「50,000ドル以下の10ベストカー・インテリア2020」を獲得(2月26日)
  • メリトール、北米でスムーズな製品流通オンデマンドシステムを発表(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索