自動車業界ニュース
2019年05月25日(土)
 自動車業界ニュース

GKNドライブライン、高品質の交換用サスペンションスプリングを提供

新着ニュース30件






























GKNドライブライン、高品質の交換用サスペンションスプリングを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
OE仕様で最適な乗り心地とハンドリング特性を提供
GKNドライブラインは、アフターマーケットにおけるサスペンションスプリングの交換部品の重要性について、プレスリリースで言及した。

8181
修理工場やサービスセンターに持ち込まれる損傷したサスペンションのコイルスプリングは、ここ数年で増加しており、以前は腐食が主な原因であったが、今日の自動車業界では、その原因は多様である。

まず、自動車メーカーが軽量化を図っているにもかかわらず、自動車はますます重くなり、高いばね荷重を引き起こしていることが挙げられる。

オプションの大径ホイールと低扁平率タイヤを加えることは、運転者にとって人気があるが、これは、ますます悪化する路面状況と相性が悪く、スプリングを介してさらに多くの負荷が伝えられる。

適切なスプリングのサプライヤを選ぶ場合、修理店は、サプライヤのOEに関する専門知識に細心の注意を払わなければならない。最適な乗り心地とハンドリング特性は、交換部品がOE仕様に適合する場合にのみ維持される。

色分けで簡単インストール
交換用スプリングについて注意すべき具体的な基準には、まず、長さや線径などの元の寸法は、正確なOEスペック(スプリングの長さに沿って一定または変化する直径)に準拠している必要がある、ということである。

また、交換用スプリングのレスポンス特性と硬度は、元の部品のものと一致し、トリムレベルのオプション要件を満たす必要がある。

そして、自動車メーカーは、組み立て工場での正確さとスピードを発揮するために、インストールの時に混乱しないようにスプリングをパフォーマンス特性で色分けしている。

Spidanコイルスプリングは、量産用スプリングとまったく同じ色のマーキングが施されているため、修理工場での作業が容易になる。また、Spidanは同一のばね鋼を使用し独自の設計仕様に準拠しているため、修理工場では、乗り心地とハンドリング特性のために1対1の交換が可能である。

保護シースでノイズや摩耗を低減
Spidanスプリングには、最初のコイルの上に工場で取り付けられた保護シースが付属している。

保護シースは、サスペンションと車体の間に効果的な遮音を提供する。車軸とボディシェルのデザインに応じて、いくつかのスプリングは理想的なサウンドブリッジを作る。シースがない場合、スプリングはそれ自体のノイズだけでなく、他のサスペンション部品からのノイズも伝達する可能性があり、これが原因で、顧客からすぐに返品される可能性もある。

保護シースはまた、複数の塗料層とともに、特に機械的負荷(例えば、スプリングプレート上のばね要素の摩耗など)または石の破片の影響を受けることが多い領域における耐食性も向上させる。

GKNドライブラインサービスは、Spidanスプリングの品質に自信を持っており、スプリングをペアで交換した場合、5年間の保証を提供する。

(画像はGKN Drivelineより)


外部リンク

PR Newswire
https://www.prnewswire.com/


Amazon.co.jp : 8181 に関連する商品
  • クーパースタンダードの開発樹脂、スポーツメーカーに適用(5月25日)
  • ボッシュ、整備用ソフトウェアの新バージョンをリリース!(5月25日)
  • 小糸製作所、Blickfeld 社とLiDAR の共同検討を開始(5月24日)
  • ZF、amsとIbeoと共に最先端LiDARシステムを共同開発(5月24日)
  • 日立オートモティブシステムズ、電気自動車向けインバーターが「Audi e-tron」に採用(5月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索