自動車業界ニュース
2019年07月23日(火)
 自動車業界ニュース

ThyssenKrupp、シンガポールに、3Dプリンター製造技術センターを設立

新着ニュース30件






























ThyssenKrupp、シンガポールに、3Dプリンター製造技術センターを設立

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車や資本財などに関する3Dプリンター製造
ThyssenKruppは、2019年中に、シンガポールに3Dプリンター製造技術センターを設立することを発表した。

12734
ThyssenKruppは、2017年にドイツのミュールハイム・アン・デア・ルールにおいて、3Dプリンター製造に特化した技術センターを初めて開設し、3Dプリントのバリューチェーンの全範囲を提供する能力を持っている。

シンガポール経済開発委員会(EDB)の後援を受けて開設されたこのシンガポールの技術センターは、ドイツにある既存の技術センターと共に、自動車、資本財、化学、鉱業およびその他の重工業の顧客向けに、金属およびプラスチック技術における3Dプリンター製造ソリューションに関するイノベーションに焦点を当てる。

ThyssenKrupp AGの理事会のメンバーであり、テクノロー&イノベーションの責任者であるDonatus Kaufmann博士は、次のように述べた。
「ThyssenKruppは、エンジニアリングにおけるイノベーションに関して、常に最先端にいる。我々は、ドイツの3Dプリンター製造技術センターで大きな進歩を遂げた。シンガポールにハブを開設することは、我々の変化するイノベーションをアジア太平洋地域に近接させ、顧客のニーズを満たすという我が社のコミットメントを反映している。」(プレスリリースより引用)

Kaufmann博士はまた、シンガポールの拠点はシンガポールとアジア太平洋地域におけtthyssenkruppのプレゼンスと事業を強化するだけでなく、シンガポールのイノベーションエコシステムから恩恵を受け、アジア太平洋地域の新規顧客にサービスを提供する機会を与えてくれると付け加えた。

拡大するアジア太平洋地域の3Dプリンター製造市場
2016年のフロスト&サリバンの調査によると、アジア太平洋地域における3Dプリンター製造は、2025年までに55億ドル以上に成長すると予測されており、シンガポールはイノベーションの成長にとって適した地域である。

シンガポール経済開発庁のマネージングディレクターであるLim Kok Kiang氏は、ThyssenKruppがシンガポールに3Dプリンター製造技術センターを開設したことを歓迎し、次のように述べた。
「ThyssenKruppは、アジア太平洋地域の顧客のニーズに応えるために、インダストリー4.0の多様な製造基盤と強みを活用できる立場にある。この投資は、この地域とさらに広範な地域における3Dプリンター製造の研究と展開のための拠点として、シンガポールの高まる評判のためのさらなる証明となる。」(プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ThyssenKrupp Press Releases
https://www.thyssenkrupp.com/


Amazon.co.jp : 12734 に関連する商品
  • 運転中の安全と安心を、コンチネンタルのスマートボイスアシスタント(7月21日)
  • ベバスト、「Startup Autobahn」でイノベーションプロジェクトを推進(7月21日)
  • メリトール、「2018 10 PPM Quality Award」を獲得(7月21日)
  • ヒュンダイ自動車、ハイブリッド車向けのASCトランスミッション・テクノロジーを開発(7月21日)
  • ボッシュ、トレーラーメーカーのKnaus Tabbert社と提携(7月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索