自動車業界ニュース
2019年07月23日(火)
 自動車業界ニュース

ヴァレオ、フランスでの特許公開数が3年連続でトップに

新着ニュース30件






























ヴァレオ、フランスでの特許公開数が3年連続でトップに

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究開発に力を注ぐ
ヴァレオは、2017年には1,110件の特許、2018年には1,355件の特許が公開され、3年連続でフランス産業財産庁(INPI)の工業所有権機関のランキングで1位となった。

98
ヴァレオの会長兼CEOであるJacques Aschenbroich氏は、次のように述べた。
「このランキングは、グループの戦略における研究開発の重要性と、我々がパイオニアであり世界のリーダーである分野、電気自動車、自律走行車およびコネクテッドカーの開発に不可欠な新しい技術を常に革新し創造する我々のチーム能力を反映している。我が社のチームの革新に向けたコミットメントと熱意に感謝する。」(プレスリリースより引用)

ヴァレオは、2018年に784件の特許を公開し、欧州特許庁(EPO)においてフランスの企業としてはトップとなり、世界では18位となった。

2018年、ヴァレオの研究開発費は20億7,300万ユーロに達し、これは同社グループのオリジナル機器売上高の約13%に相当する。

ヴァレオは、世界中に35の研究開発センターを持ち、11万3,000人の従業員のうち約2万人が研究開発担当エンジニアである。

イノベーションは、間違いなくグループの成長を支える原動力である。3年前には存在しなかったという革新的な商品が2018年の受注総額の53%を占め、また、Valeo Siemens eAutomotiveを含むと、60%を占める。

自動車の電化、自律走行車、デジタルモビリティ
ヴァレオが設計・製造したハイテク製品は、今日の自動車業界をこれまで以上に大きく変化させている3つの革新、自動車の電化、自律走行車、デジタルモビリティにおける中心となる。

世界の車両3台のうちの1台にCO2排出量を削減するヴァレオの電気システムが搭載され、同社グループは現在、自動車電化の世界的リーダーである。

ヴァレオは、運転アシストセンサーの世界的リーダーでもあり、現在唯一量産されている自動車LiDARスキャナーである「SCALA」を含む、超音波センサー、カメラ、レーダー、レーザースキャナーという市場で最も広範なセンサーのポートフォリオを誇っている。

ヴァレオは、昨年秋にパリの路上で超音波センサーを搭載した自律走行車の最初のテストドライブを行ったり、ヨーロッパとアメリカ、日本を巡る巡回走行を行ったりするなど、自律走行車のデモンストレーション車両で、多くの世界初を記録した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Valeo Press Releases
https://www.valeo.com/


Amazon.co.jp : 98 に関連する商品
  • 運転中の安全と安心を、コンチネンタルのスマートボイスアシスタント(7月21日)
  • ベバスト、「Startup Autobahn」でイノベーションプロジェクトを推進(7月21日)
  • メリトール、「2018 10 PPM Quality Award」を獲得(7月21日)
  • ヒュンダイ自動車、ハイブリッド車向けのASCトランスミッション・テクノロジーを開発(7月21日)
  • ボッシュ、トレーラーメーカーのKnaus Tabbert社と提携(7月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索