自動車業界ニュース
2019年04月25日(木)
 自動車業界ニュース

シェフラー、三菱電機と世界的なパートナーシップ契約を締結

新着ニュース30件






























シェフラー、三菱電機と世界的なパートナーシップ契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
「e-F@ctory Alliance」のパートナーシップ契約
シェフラーは、世界最大の国際産業技術見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)2019」(2019年4月1~5日、ドイツ・ハノーバーで開催)にて、三菱電機が推進するFAパートナープログラム「e-F@ctory Alliance」において、三菱電機と世界的なパートナーシップ契約を締結したと発表した。

三菱電機は、最適なソリューション提供を目的に「e-F@ctory」プロジェクトを展開し、プロジェクト参加パートナー企業と連携し、FA(ファクトリーオートメーション)分野において新たなソリューション創出を目指す。

564
生産過程の自動化
ドイツでは製造業の変革である「インダストリー4.0」が推し進められている。「インダストリー40」は、ドイツ政府が推進する製造業のデジタル化・コンピューター化コンセプトであり、製品の個別化、製造過程の柔軟性を特徴とする。

シェフラーは、2010年以降、「e-F@ctory Alliance」に参画し、パートナー企業として、e-F@ctoryコンセプトの実現を目指している。工場設備・データを製造実行システム(MES)と企業資源計画(ERP)に統合し、デジタルトランスフォーメーションのフレームワークを形成し、工場における生産過程の自動化を図る。

シェフラー・インダストリアル部門CEOのシュテファン・シュピンドラー(Stefan Spindler)博士は、インダストリー4.0により持続可能な付加価値が加わるが、インダストリー4.0実現には他企業との連携が必要であると説明する。

世界的なパートナーシップ契約を通して、シェフラーと三菱電機が有する高い専門技術・知識、ノウハウを融合することで、顧客ニーズや市場需要を満たしたインテリジェントソリューションの提供が可能になり、生産過程や工場設備のライフサイクルコストを最適化できると述べる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

SCHAEFFLER プレスリリース
https://www.schaeffler.com/


Amazon.co.jp : 564 に関連する商品
  • デーナ、上海モーターショー2019にてTM4 MOTIVEモーター・インバーターを初披露(4月25日)
  • アイシン精機、合弁会社「愛信(安慶)汽車零部件有限公司」を設立(4月25日)
  • デーナ、電動車両の整備とメンテナンスに関するトレーニングビデオを拡充(4月25日)
  • イートン、Yuchai Groupに圧縮圧開放式エンジンブレーキを供給(4月25日)
  • マグナインターナショナル、モロッコに2つ目の製造拠点を新設(4月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索