自動車業界ニュース
2019年11月16日(土)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ、バルブの開閉を制御する新エンジン技術を発表

新着ニュース30件






























ヒュンダイ、バルブの開閉を制御する新エンジン技術を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
燃費を向上させ、環境にも優しいシステム
ヒュンダイは7月3日、世界初となる連続可変バルブデュレーション(Continuously Variable Valve Duration:CVVD)技術を開発したと発表。性能と燃費を向上させ、環境にも配慮している。

19619
ドライブ性能、燃費効率、環境に配慮
今回同社が開発したエンジン技術は、運転状況に応じて、これまで一定であったバルブの開閉タイミングを調整することができるようになる。

エンジンの出力によって、負荷領域に応じたバルブ動作が最適となるように変化するため、燃費効率を5%、エンジン性能を4%向上させ、CO2排出量は12%減少させることができるという。

革新的な技術を、年内に搭載車両を量産化
また同エンジン技術を使ってSmartstream G1.6 T-GDiエンジン、27.0KGMのトルクを持つV4ガソリンターボユニットを発表。

この新しいパワートレインは、燃焼した排出ガスを冷却し再循環させる排気ガス再循環システムが採用されている。ユニットはエンジンの熱管理統合システムと、エンジンの低摩擦制を備えており、摩擦率を34%減らすという。

これらの技術は、2019年後半に販売されるHyundai Sonata Turboに搭載される予定だ。その後同社の別モデル、また起亜自動車にも順次搭載していく計画だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイのプレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • ZF、ダンフォスシリコンパワー社と戦略的パートナーシップ契約を締結(11月16日)
  • ファイアストン、ヨーロッパの商用車向けアフターマーケット製品の範囲を拡張(11月15日)
  • ベバスト、複数のパーキングヒーターを制御するThermoConnectアプリを開発(11月15日)
  • HELLAのアフターマーケット、スペアブレーキパーツの製品範囲を継続的に拡大(11月15日)
  • 広西玉柴機器集団のYC4Aディーゼルエンジン、2019中国農業機械工業製品金賞を獲得(11月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索