自動車業界ニュース
2019年11月16日(土)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、スマートデジタルHDヘッドランプシステムを紹介

新着ニュース30件






























コンチネンタル、スマートデジタルHDヘッドランプシステムを紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートデジタルHDヘッドランプシステムの出展
合弁会社オスラム・コンチネンタルは、「Continental TechShow 2019」(7月1~4日、ドイツ・ハノーバーで開催)にて、スマートデジタルHDヘッドランプシステムを紹介した。

スマートデジタルHDヘッドランプシステムにより、ヘッドランプの構造における複雑性、搭載スペースは軽減する。コンパクトな設計によりデザイン性の利点は多く、フロント部分において、自動車メーカーに対して広範囲にわたるデザインオプションを提供できる。

なお、オスラム・コンチネンタルは、コンチネンタルと革新的かつ持続可能な照明ソリューションを提供するオスラムが共同で2018年に設立した。次世代レベルの機能を提供することを目指している。

1674
革新的なソリューション
スマートデジタルHDヘッドランプシステムは、オスラム・コンチネンタルが開発したSMARTRIX-HD技術に基づき、個別に制御可能なピクセルを多数有する。

オスラム製LED「Eviyos」と制御電子機器が単一プリント基板に統合され、1チップあたり1024ピクセルを個別に電子制御できる。「Eviyos」は幅広い可能性を生み出し、新しいデジタル制御の照明機能に効率性と省エネルギーをもたらす。

また、各SMARTRIX-HDモジュールは「Eviyos」2個を搭載し、個々のヘッドランプが交互にSMARTRIX-HDモジュール2個を有する。1ヘッドライトにつき4096ピクセルとなり、多様な状況に対応可能となる。

なお、SMARTRIX-HDモジュールは、2ガラスレンズと2プラスチックレンズから成る複合レンズを照らし、ハイビームあるいはロービーム、コーナリングライトに関わらず、あらゆる道路状況において照明の質を高める。スマートデジタル制御によって、必要に応じて、該当するLEDピクセルを確実に照らすことが可能になる。

レーザー技術と優れた電子部品が統合された高解像度LEDモジュールにより、安全面で大きく向上する。

(画像はプレスリリースより)
(C)OSRAM Continental


外部リンク

Continenntal
https://www.continental-corporation.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ZF、ダンフォスシリコンパワー社と戦略的パートナーシップ契約を締結(11月16日)
  • ファイアストン、ヨーロッパの商用車向けアフターマーケット製品の範囲を拡張(11月15日)
  • ベバスト、複数のパーキングヒーターを制御するThermoConnectアプリを開発(11月15日)
  • HELLAのアフターマーケット、スペアブレーキパーツの製品範囲を継続的に拡大(11月15日)
  • 広西玉柴機器集団のYC4Aディーゼルエンジン、2019中国農業機械工業製品金賞を獲得(11月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索