自動車業界ニュース
2019年08月25日(日)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、ニーダーザクセン州当局に自動車の鉛削減に関する行動計画を提出

新着ニュース30件






























コンチネンタル、ニーダーザクセン州当局に自動車の鉛削減に関する行動計画を提出

このエントリーをはてなブックマークに追加
環境や気候を保護
コンチネンタルは、ニーダーザクセン州の環境、エネルギー、建築、気候保護省に行動計画を提出し、これにより、同社は、使用済み自動車に合わせて、電子部品の鉛含有量を、法的な規定最大量まで直ちに削減する予定である。

1674
さらに、この計画には、法定要件を超えて、同社の電子部品に含まれる鉛の量を減らすという、自主的なコミットメントが含まれている。

この行動計画が立てられた理由は、2016年以降に納入された製品の中で、一部の電子部品に含まれる鉛がわずかに過剰であったため、コンチネンタルが特定し、2019年6月初旬に当局に直ちに報告されたためである。

電子部品における鉛の使用には、車両の型式承認の日付に応じて異なる上限が適用される。

コンチネンタルの場合、これは、関連する部品あたり平均およそ0.0003グラムの鉛という非準拠量による。車両の取り扱い、排出量、安全は、関係する部品の使用による影響を受けない。

さらに、潜在的に非準拠な量の鉛は、リサイクルプロセスで法的に許容される割合とともに回収され、これにより環境保護が確保される。

中立機関による同社の計算および予備的評価によると、ドイツのリサイクル工場では、基本的な環境負荷に関連する0.00031%の鉛の追加が現実的に発生している。

使用済み車両に関する指令を遵守
コンチネンタルは、行動計画の中で、顧客ごとに状況を個別に分析し、必要な変換手順を定義することを約束している。組織的な転換を確実にするために、行動計画には各部品のタイムテーブルも含まれている。

同社の現在の知識によると、この転換では新しい車両モデルの発売が危ぶまれるようなことはない。

コンチネンタルは、年間約51,000種類の電子部品を調達しているが、現在、使用済み車両に関する指令(ELV指令)の制限値に従って、今後の全部品を設計することを約束した。これは、上限値が部品または車両に適用されるかどうかに関係なく適用されます。

このようにして、コンチネンタルは、法的要件を大きく超えた部品中鉛含有量の削減に貢献している。この方策は、世界中で、ELV指令の範囲とは無関係に適用される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental Press Releases
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ヒュンダイ、ソナタ「Le Fil Rouge」が国際コンペティションで評価(8月24日)
  • ベバスト、メキシコのイラプアトにある施設を拡張(8月23日)
  • HELLA、関連会社が中国のNebula Link社と提携(8月23日)
  • ヒュンダイ自動車、IAAで新型EVコンセプト「45」を公開へ(8月23日)
  • HELLA、「Caravan Salon」にキャンピングカー・キャラバン向け照明ソリューションを出展(8月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索