自動車業界ニュース
2020年01月28日(火)
 自動車業界ニュース

ブリヂストン、イリノイ州ブルーミントン工場が安全な労働環境に認定

新着ニュース30件






























ブリヂストン、イリノイ州ブルーミントン工場が安全な労働環境に認定

このエントリーをはてなブックマークに追加
従業員全員で安全を重視
ブリヂストン・アメリカスは、イリノイ州ブルーミントンにあるオフロード(OTR)タイヤの工場が、イリノイ労働安全衛生庁(OSHA)の自主保護プログラムにおける「Star」として継続的に参加していることを認定されたことを発表した。

1722
ブリヂストン・アメリカス、ブルーミントン工場のマネージャーであるMonty Greutman氏は、『Star』の認定は、安全な労働環境を構築することに対するブルーミントン工場の従業員によるコミットメントの証しであり、同社が常に安全第一に対して焦点を置いているという1つの輝かしい例であるとの見解を示し、次のように説明した。
「この認定を再度達成することは、リーダーシップから工場フロアまで、すべての従業員が安全を中心的な価値として受け入れるということを証明している。我が社の安全に対する高いレベルのコミットメントは、すべての従業員に共通の価値であるため、我々は、顧客に、高品質の安全なタイヤを提供することができる。」(プレスリリースより引用)

自主保護プログラムの参加者は、優れた安全衛生管理を実施することによって、他の雇用主や労働者、組合のモデルとして機能している。また、参加者は、政府の規制の遵守を超えたレベルの労働者保護を達成したことで認定されている。

様々な認定と賞を獲得
1965年以降、ブルーミントン工場は、採掘や建設用途のバイアスおよびラジアルOTRタイヤを製造しており、昨年、人気のあるサイズのタイヤの生産を拡大するために1,200万ドルを投資することを発表した。

今月初め、ブルーミントン工場は、キャタピラー社のサプライヤ最適品質体制認定でゴールドレベルを達成した。

また、退役軍人の雇用に対してイリノイ州アメリカ在郷軍人会雇用者賞を受賞するとともに、労働者の安全と健康に関する実績に対して、U.S.Tire Manufacturers Association の2017年改善賞を受賞している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Bridgestone Americas, Inc. Press Releases
https://www.bridgestoneamericas.com/


Amazon.co.jp : 1722 に関連する商品
  • コンチネンタル、ソフトウェアを統合・自動更新する技術開発を発表(1月27日)
  • ボッシュ、Ceres Power社との戦略的パートナーシップ強化を発表(1月27日)
  • エスケイエフ、電気自動車向けの厳しい条件に対応するベアリングを開発(1月27日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「2020 Best Car for the Money」を獲得(1月27日)
  • Hella Pagid、レーシングチーム「Risi Competizione」のスポンサーを継続(1月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索