自動車業界ニュース
2020年07月02日(木)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、複数モデルが「2020 U.S. Initial Quality Study」トップ3にランクイン

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、複数モデルが「2020 U.S. Initial Quality Study」トップ3にランクイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
複数モデルのランクイン
6月24日、ヒュンダイ自動車は、「Hyundai Tucson(ツーソン)」が、J.Dパワー公表「2020 U.S. Initial Quality Study(2020年米国自動車初期品質調査)」コンパクトSUV部門においてランキングトップになったと発表した。

合わせて、「Hyundai Veloster(ベロスター)」は、コンパクトスポーティーカー部門にて最高スコアを獲得した。一方、「Hyundai Accent(アクセント)」スモールカー部門2位、「Hyundai Elantra(エラントラ)」コンパクトカー部門2位、「Santa Fe(サンタフェ)」ミッドサイズSUV部門3位となった。

19619
顧客が選ぶ高品質な車
「U.S. Initial Quality Study(IQS:米国自動車初期品質調査)」は消費者視点の初期品質調査である。毎年、米CS(顧客満足度)調査会社J.Dパワーは、調査実施年の新型モデル購入契約者およびリース契約者を対象に、契約から90日後、購入車両の不具合に関するアンケート調査を実施する。

2020年の調査では、車購入契約者・リース契約者87282人に対して、インフォテインメント、性能・コントロール・ディスプレイ(FCD)、外装、運転支援(2020年より追加)、内装、パワートレイン、シート、ドライビングエクスペリエンス、天候の9分野223項目に関するアンケート調査を行った。

ヒュンダイ自動車アメリカ カスタマーサティスファクション副社長のバリー・J・ラッツラフ(Barry J Ratzlaff)氏は、ヒュンダイ自動車にとって、セグメントにおいて機能・性能が最も優れた車であることは、常に重要なマイルストーンであるとコメントする。

また、今回の達成は、デザイン・エンジニアリング・製造・サービス・フィールドチーム・パートナーに対する献身の証となり、顧客に高品質の車をもたらすと述べる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3070
Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介(7月2日)
  • ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求(7月2日)
  • ブリヂストンEMIA、マイクロソフトとともにタイヤモニタリング・システムを開発(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「H-Conomy」シリーズの新たな動画5本を公開(7月1日)
  • クーパースタンダード、GMより「2019 Supplier of the Year」に認定(7月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索