自動車業界ニュース
2020年07月02日(木)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車インドの新型「エラントラ」、ディーゼルBS6エンジンを搭載

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車インドの新型「エラントラ」、ディーゼルBS6エンジンを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディーゼルBS6パワートレインオプションを用意
ヒュンダイ自動車インドは6月24日、待望のアドバンスド・プレミアムセダン「エラントラ」を同日にローンチし、ディーゼルBS6パワートレインオプションを用意したと発表した。

新型「エラントラ」には、6速オートマチック及びマニュアル・トランスミッションオプションと、同社の「Future Ready」パワートレインの1.5リットルU2 CRDiディーゼルBS6エンジンを搭載。優れたパフォーマンスと高効率性を実現する。

19619
「BlueLink」を備えた完全接続型のセダンに
新型「エラントラ」はヒュンダイ自動車独自の車載テレマティクス「BlueLink」を備えており、完全接続型のセダンとなっている。ワイヤレス電話充電器やLED DRLを備えたダイナミックLEDクワッドプロジェクター・ヘッドランプ、フロント換気シート、ポケットライトを備えたクロームドアハンドルなども採用している。

また、3年間/3万kmの補修メンテナンスや、3年間のロードサイドアシスタンスなどを含めた「ヒュンダイプレミアム保証パッケージ」を提供。更に、3年/航続距離無制限・4年/60,000km・5年/50,000kmのWONDER保証オプションも用意している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイ自動車インド プレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介(7月2日)
  • ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求(7月2日)
  • ブリヂストンEMIA、マイクロソフトとともにタイヤモニタリング・システムを開発(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「H-Conomy」シリーズの新たな動画5本を公開(7月1日)
  • クーパースタンダード、GMより「2019 Supplier of the Year」に認定(7月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索