自動車業界ニュース
2020年07月02日(木)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ、米国デザイン学校との共同研究チームを発足

新着ニュース30件






























ヒュンダイ、米国デザイン学校との共同研究チームを発足

このエントリーをはてなブックマークに追加
人と自然と未来のモビリティ
ヒュンダイは、米国のデザイン学校と共同研究チームを立ち上げ、未来のスマートモビリティビジョンを拡大する研究を行っていると6月23日に発表した。

19619
次世代モビリティの4つのビジョン
共同研究は、ロードアイランドスクールオブデザイン(RISD)の生徒と教職員、ヒュンダイの研究者により小グループでプラットフォームを開発。

グラフィックデザイン、工業デザイン、音響デザイン、テキスタイルデザインの4分野の観点から、自然と建築の相関性を調査し、モビリティの未来の方向性を提案することを目的として行われている。

グラフィックのビジョンでは、自然や人間社会の変化に適応するモビリティの未来について研究。特にサイボーグの性質や仮想現実、AIテクノロジーを活用するモビリティのハブなどの設計に焦点が当てられている。

工業デザインのビジョンは、特にアーバンエアモビリティ(UAM)に焦点が当てられ、未来の都市、環境とモビリティを研究し、プライバシーやセキュリティへの考慮も行われている。

音響デザインでは、サウンドスケープエコロジー分野から、新しい聴覚ディスプレイと音響体験の開発に取り組み、テキスタイルデザインは、ゴキブリからヒントを得た生体工学の観点で調査を行う。

チームは6週間の夏季プログラムを開始し、その後も継続して研究を進めていく予定だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイのプレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介(7月2日)
  • ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求(7月2日)
  • ブリヂストンEMIA、マイクロソフトとともにタイヤモニタリング・システムを開発(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「H-Conomy」シリーズの新たな動画5本を公開(7月1日)
  • クーパースタンダード、GMより「2019 Supplier of the Year」に認定(7月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索