自動車業界ニュース
2020年08月03日(月)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、電気自動車向けの低転がり抵抗と高負荷容量タイヤの開発過程を紹介

新着ニュース30件






























コンチネンタル、電気自動車向けの低転がり抵抗と高負荷容量タイヤの開発過程を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
低転がり抵抗と高負荷容量タイヤの必要性
7月24日、コンチネンタルは、電気自動車およびハイブリッド車には低転がり抵抗と高負荷容量のタイヤが必要であり、これまで、電気自動車、電気バス、電気トラック専用タイヤの開発に取り組み続けてきたと紹介している。

2012年にはコンチネンタル初となる電気自動車用タイヤ「Conti.eContact」を発売し、電気自動車およびハイブリッド車のニーズを満たすタイヤを開発している。

1674
特殊タイヤの開発過程を紹介
電気自動車およびハイブリッド車は、従来の内燃機関(ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン)の車両と比べ、車体重量からバッテリーに至るまで容量は重くなる。

車体が重くなるゆえ、走行時には、より多くのトルクを必要とする。特に、電気自動車にとって、ウェット路面およびドライ路面における安全性・精密ステアリング・短いブレーキ距離・アクアプレーニング防止・最大走行距離は重要である。

ハイブリッド車は、エンジンに加えて、電気モーター、燃料タンク、強力なバッテリーを搭載することにより車体重量は増加するが、一方、車体重量の増量分は、シンボルXL(耐荷重性能強化タイプのタイヤ)などタイヤカーカスの荷重支持を増やすことによって相殺される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • 起亜自動車アメリカ、「K5 2021」の機能を紹介するスタントをオンラインで実施(8月3日)
  • AAM、電動ドライブ技術が「「Baojun E300 Plus」に採用(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカのNPO、新型コロナウイルスの検査センター開設に寄付(8月2日)
  • ブリヂストン・アメリカス、消費者向け交換タイヤ販売&マーケティング部門に新社長が就任(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「クレタ」の予約件数が55,000件以上に(8月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索