自動車業界ニュース
2020年09月25日(金)
 自動車業界ニュース

マーレ、車載スマート空調システムを開発

新着ニュース30件






























マーレ、車載スマート空調システムを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
新たなスマート空調システム
9月4日、マーレは、キャビンスペース用スマート空調システムを開発したと発表した。

スマート空調システムにはセンサーが統合され、キャビン内(車内)および車外の空気質をリアルタイムにモニタリングできる。センサーによって空気中の微細粒子は取り除かれ、車内の空気は常にクリーンな状態となる。

8747
小型かつ軽量、低コストの革新的コンセプト
スマート空調システムでは、HVAC(暖房・換気・空調)ユニットにセンサーが直接、統合される。センサーは、車内の空気および車外の空気に含まれる微粒子・微小粒子に即座に反応する。これにより、空調システムは汚染レベルの変化に迅速かつ正確に対応でき、適切な空気清浄を行い、車内の空気を常にクリーンな状態に維持できる。

また、今回、マーレは、次世代の効率に優れる微粒子・微小粒子フィルターを開発した。フィルターのダスト抽出能力は高く、製品寿命期間中ほぼ一定の機能を発揮する。車外から取り入れる空気内の微細粒子、個体・固形粒子、有害ガス、環境臭を迅速に取り除かれ、車内の空気質は保たれる。

センサー統合型スマート空調システムでは、センサーによって車の走行に伴い排出される代表的な粒子(ブレーキダスト、ディーゼルすす、タイヤ破片など)が車内に取り込まれない。フィルターは、空調システムが汚れた外気に晒されることを防ぎ、コンポーネントを保護する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

MAHLE
https://www.mahle.com/
Amazon.co.jp : 8747 に関連する商品
  • ボルグワーナー、フォルクスワーゲンニーヴァスにB01ターボチャージャーを供給(9月24日)
  • 2020年末に発売開始予定の起亜自動車「ソレント」がSUVの新たな基準を生み出す(9月24日)
  • ヒュンダイ自動車、高性能モデル「ソナタ 2021 N LINE」を初公開(9月24日)
  • マンウントフンメル、分子ろ過技術のhelsa Functional Coatingを買収(9月24日)
  • ZF Friedrichshafen、日産から2020イノベーションアワードを獲得(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索