自動車業界ニュース
2020年09月24日(木)
 自動車業界ニュース

起亜自動車、4モデルが“ロシア・カー・オブ・ザ・イヤー”を獲得

新着ニュース30件






























起亜自動車、4モデルが“ロシア・カー・オブ・ザ・イヤー”を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアで数か月にわたってオンライン投票を実施
起亜自動車の4モデルが“ロシア・カー・オブ・ザ・イヤー”を獲得したと、同社が9月15日に発表している。

今回、「ピカント」・「シード」・「セルトス」・「スティンガー」は同賞を獲得。ロシア市場で販売されている自動車合計300モデル以上が評価対象となった。

ロシアで数か月にわたってオンライン投票を実施した結果、「ピカント」が“シティカー”カテゴリに、「シード」が“スモール・ミドルクラス”カテゴリでトップに、「セルトス」が“コンパクトSUV”カテゴリでトップに、スティンガーが“グランド・ツアラー”クラスでトップに選ばれている。

19619
ロシアで起亜自動車モデルへの人気の高まりも
「ピカント」は今年で5年連続の受賞。印象的なデザインと広々としたインテリア、高水準の標準装備などで高い人気を維持しており、“シティカー”カテゴリは2年連続の受賞となった。

また、「セルトス」はわずか6か月でロシアにおけるベストセラーモデルの1つとなった。8月の売り上げだけみても、1,783人がコンパクトカーとして同モデルを選んでいることが分かった。

起亜自動車の社長兼CEOのHo-sung Song氏は、
「起亜自動車ブランドはロシアで年々人気が高まってきている。その結果として、毎年開催される“ロシア・カー・オブ・ザ・イヤー”で4つの賞を獲得したことは、非常に誇りに思える。」(プレスリリースより引用)
と話している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

起亜自動車 プレスリリース
https://www.kianewscenter.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • 2020年末に発売開始予定の起亜自動車「ソレント」がSUVの新たな基準を生み出す(9月24日)
  • ヒュンダイ自動車、高性能モデル「ソナタ 2021 N LINE」を初公開(9月24日)
  • マンウントフンメル、分子ろ過技術のhelsa Functional Coatingを買収(9月24日)
  • ZF Friedrichshafen、日産から2020イノベーションアワードを獲得(9月24日)
  • ボッシュモータースポーツ、ハイブリッドレースのシステムサプライヤーに(9月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索