自動車業界ニュース
2020年10月27日(火)
 自動車業界ニュース

ZF、第2世代アクティブステアリングシステムの量産を発表

新着ニュース30件






























ZF、第2世代アクティブステアリングシステムの量産を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
革新的なシステムの生産始動
ZFは、第2世代のAKC(アクティブキネマティクスコントロール)アクティブリアアクスルステアリングの量産を開始すると10月14日に発表した。

リアアクスルに追加してステアリングシステムに変換する革新的なもので、中央に配置のアクチュエーターを配備したセントラルコントローラー、またはスポーツカーの設計などに適したデュアルアクチュエーターに利用が可能だ。

11581
2倍のパワーと電子システム
中央アクチュエーターの作動力は、第1世代の8キロニュートンから11キロニュートンに増加、最大3.5トンの車両に適している。後輪が4.5度から最大10度まで回転できるようになり、特にバッテリー駆動の自動車向けに作られている。

もう1つの革新は、「ステアバイワイヤ」システム。新しい電子システムで最先端のサイバーセキュリティを実装。駐車およびドライバーアシスタントと連携し、サイズの大きいセダンも狭い路地や駐車場を簡単に操縦できる。

2020年12月に発表後、量産を開始
第1世代のシステムは2013年に量産を開始。現在までにグローバルメーカー50万台以上に利用されている。

今回の第2世代は、オーストリアの組み立てラインで年間100万台以上の生産を予定しており、それに先駆け2020年12月に初披露される予定だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ZFのプレスリリース
https://press.zf.com/press/en/releases/release_20547.html


Amazon.co.jp : 11581 に関連する商品
  • マーレ、ケーヒンの空調事業を買収し世界的フットプリントを強化(10月25日)
  • マグナ、2021年1月1日からSeetarama(Swamy)Kotagiri氏がCEOに(10月24日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、新型「エラントラ」の仕様と価格を発表(10月24日)
  • コンチネンタル、タイヤを提供するエクストリームEに新たなチームの参戦を発表(10月24日)
  • ヒュンダイ・クレードル、「モビリティイノベーター・フォーラム」の主催に(10月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索